散剤・水剤監査システムについて

散剤・水剤監査システムは、各社様々なタイプのものが発売されていますが、当社はオリジナルのシステムを使用しています。
薬剤師は個々の専用バーコードを持っており、そのコードをシステムに認識させない限り、このシステムは一切作動しません。電子天秤の目盛りがゼロになってないときも同様です。また、当薬局に来られた患者さんに対しても個別のコードを割り振っています。

コンピュータに入力された処方内容は同時に監査システムに転送されるので、もし違うお薬を計量しようとしたり、量を間違えたりすると警告画面に切り替わり危険を知らせてくれます。量り終えると、“薬剤師名”、“患者名”、“薬剤名とその量”、“日付と時刻”等が記録用紙に印刷されます。つまり、薬剤師・患者さん・処方されたお薬、の3つのコードが完璧に揃わない限り、システムが正常に進むことはないのです。これでコンピュータへの処方入力にミスがない限り、取り間違い等の単純なミスの発生率が限りなくゼロに近づきました。逆に、私達はシステムに全て頼っているわけではないので、確認して正しいお薬を選択したにもかかわらず警告が出る場合は、コンピュータ入力の方にミスがあることがわかるのです。

また以前、空になったお薬のビンに新たにお薬を充填する際、間違ったお薬を充填し調剤するという事故がありましたが、このシステムは充填する場合でもチェックし記録を残す事ができるので、私達はたとえ忙しい最中でも安全にそして確実に作業する事が出来るのです。

関連記事

  1. 薬が出来るまで

  2. 初回問診票について

  3. 薬歴簿について

  4. 糖尿病治療薬を使用中の方へ

  5. ホームページをリニューアルオープンしました!

  6. 薬の正しい使い方

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP