お薬手帳について

お薬手帳とは、いつ、どこの病院や薬局で何のお薬をもらったかを記録していく手帳です。その他、その人のアレルギーや副作用情報等も記録できます。他の医療機関に行ったときに、お医者さんや薬剤師に見せることによってお薬の重複や相互作用の心配がなくなります。(実際に、私達はお薬手帳のおかげで数多くの重複投与や相互作用を未然に防ぐことが出来るようになりました。)

自分のお薬の名前をきちんと覚えていたり、いつも決まった医療機関しか行かない場合、この手帳は必要ないように思えるかもしれません。しかし、もし旅行先等であなたが事故などに遭遇して意識不明となってしまったら・・・あなたのお薬の事を正確にお医者さんに伝えることができる方が一人でもいらっしゃいますか?

ちょっとオーバーな例ですが、そう考えると持っておいても損はないものです。

関連記事

  1. 注意の必要な薬

  2. 散剤・水剤監査システムについて

  3. 初回問診票について

  4. 糖尿病治療薬を使用中の方へ

  5. 薬歴簿について

  6. ホームページをリニューアルオープンしました!

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP