薬が出来るまで

医薬分業が大幅に進み、多くの院外処方せんが発行されている今、町の調剤薬局でお薬をもらうということが、ごく普通の出来事となってきているかと思います。
・・・しかし、そういった状況にもかかわらず”薬局の中で薬剤師は何をしているのだろう?”と思われている方は少なくないでしょう。薬局で待ち時間が長い時は余計にそう思ってしまうかもしれませんね。
この記事では、そういった疑問を持たれている方や、我々の業務の内容を全くご存じない方に、少しでも”調剤業務 ” についてご理解いただきたく、投稿いたしました。

・・・・

①受付
まず、当たり前の事ですが患者さんから処方せんを受け取ります。
しかし、当たり前のようでも結構落とし穴はあります。それは、処方せんの有効期限です。処方せんの有効期限は、発効日を含めて4日以内です。たまに、ずいぶん前の処方せんを持って来られる方がいらっしゃいます。丁重にお断りするとがっかりして帰っていかれますが、皆さんはご存知でしたか?また、病院から処方せんをFAXで送信する場合がありますが、薬局には必ず処方せんを持って来て下さい。なお、お薬手帳を持っていらっしゃる場合は、処方せんと一緒に受付でお渡しください。

このとき、初めて当薬局にいらっしゃった方には、初回質問表にご記入していただきます。(病院での問診票のようなものです)

②処方せん監査
まず、過去の処方歴や指導歴が記録されている薬歴簿(病院でいうカルテみたいなものです)を取り出します。初めて来局された方には新しくお作りします。
それから、処方せんに記入漏れ等の不備がないかをチェックします。さらに、薬歴簿やお薬手帳と照らし合わせ、主に以下のチェックを行います。

  • 患者さんが使用中の他のお薬や健康食品との飲み合わせについて
  • 他科や他院で処方されたお薬と重複していないか
  • アレルギー歴や、副作用歴からみて危険性の高いお薬が出ていないか
  • 患者さんの病状に対して明らかに適切でないお薬が選択されてはいないか
  • お薬の使用量(服用量)や使用方法(服用回数)等が適切かどうか
  • 患者さんが使用(服用)困難な剤形のお薬が出ていないか
  • 医療保険制度の範囲内の処方内容であるか       等々・・・

そして、もし処方せんの内容が適切でなかったり、私達が疑問を感じた場合はお医者さんに問い合わせ、場合によってはお薬の中止や変更をしてもらいます。

疑問や問題点が改善されないまま調剤し、患者さんにお薬をお渡しすることは基本的にはありません。

③コンピューター入力
処方せん監査が終了したら、今度は処方せんの内容をコンピュータに入力します。入力が完了すると、“お薬の情報文”、“お薬手帳専用の記録用紙”、“薬歴簿に記録していくための、処方内容が記載されたシート”、そして“薬袋”が自動的にプリントアウトされます。
このときも、ただ入力するのではなく処方せんに記載された保険番号や発効日などに不備が無いかをもう一度しっかりチェックします。

④ 調剤
さあ、いよいよ調剤に移ります。既にこの段階で処方せんには不備は無いはずですが、念のためチェックもしながら処方内容に従ってお薬をそろえていきます。
主に錠剤やカプセルを出したり、水薬や粉薬を量ったり、軟膏やクリームの混合等を行います。手が不自由でうまくヒートからお薬を出せなかったり、大量のお薬が処方されるためお薬の飲み忘れや飲み違いが多い方には、場合によってはお薬の服用時点ごとにひとつの袋にパックする事もあります(一包化)。また、嚥下困難の方には錠剤をつぶしたり、カプセルを開いたりして飲みやすい形に変えることもあります。

水薬や粉薬は一度量り終えてしまうと、後になってそれが正確かどうか確かめるのは困難です。そこで、散剤(水剤)監査システムを導入し“いつ”、“誰が”、“どの患者さんのために”、“何の薬を”、“どれだけの量で”量り取ったかを全て記録し、薬歴簿に添付する事により第三者がいつでもチェックできるようにしています。そうすることによって、ミスの発生率を大幅に下げることが可能となりました。

  • 散剤(水剤)監査システムについては こちら

⑤監査
処方せん通りお薬が揃ったら、次は他の薬剤師によってきちんとお薬が出ているかどうかをチェックします。もちろん、この時も処方せんに不備がないか見たり、処方内容に疑問点などがないかを確認しながら行います。また、先に行ったコンピューター入力に間違いがあれば、自動的にプリントアウトされた薬袋やお薬の情報文なども間違ったものが出来ることになるので、あわせてチェックします。

⑥服薬指導
服薬指導はお薬を薬袋から取り出し、患者さんと一緒に確認しながらご説明いたします。また、薬歴簿を見て過去の指導歴なども参考にしながら、ありきたりの説明ではなく患者さんの状態や生活リズムなども考慮しながらお話を進めていきます。患者さんとのお話の中で処方内容に疑問が生じた時は、場合によってはお医者さんに問い合わせることもあります。

お薬の効能・効果や使い方のご説明をするのは当たり前のことですが、私達が服薬指導において特に重点をおいているのが副作用の情報提供と、副作用と思われる症状が出ていないかのチェックです。気をつけることによってある程度防ぐことが出来るものから、防ぎようのない重篤なものまで、そのお薬の服用期間、患者さんの理解度や性格などを考慮しながらご説明します。もし患者さんの訴えた症状が、お薬による副作用の可能性が高い場合は、(内容にもよりますが)対処法を伝えたり、症状によっては再度病院にかかることをお勧めする場合もあります。

疑問に思うことや、困ったことがあれば何でも気軽にご質問ください。(ご帰宅された後でのご質問も遠慮せずにどうぞ。)そして、薬歴簿に患者さんの症状や訴え、それに対する薬剤師からの返答や考え、今後の課題や対応策など、あった事全てを偽り無く記載して終了となります。

・・・・

・・・さて、最後までご覧になった感想はどうですか?

もうお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、最初から最後までチェック、チェックの連続でしたね。お医者さんは患者さんときちんとお話してから処方せんを書くのだから何もそこまでしなくても・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、お医者さんも私達とお同じ人間ですから、ついうっかりなんて事や患者さんとのコミュニケーションがうまくとれてなかったりする事もあるのです。医療の現場では、そういった些細な事から患者さんの生命に関わる重大な事故につながる可能性は大いにあるのです。私達、薬剤師は患者さんへお薬が渡るまでの最後の砦として、起こりうるリスクを最小限に食い止めるよう日々努力しています。

副作用のチェックや情報提供にしても、重点的に行うのはやはり同じように少しでも患者さんのリスクを減らしたいと願ってのことなのです。
しかし、お医者さんが病気を治療していく上で、患者さんのご協力が絶対必要であるのと同じように、私達が起こりうるリスクを最小限にしていくためにはやはり患者さんのご協力が必要となってきます。
やっと病院の診察が終わって早く帰りたい!と思われるのも無理もないですが、たまには薬剤師の話に耳を傾けてみては?話を聞いてみて少しでも疑問があるなら遠慮なく聞いて下さい。そうやって、自分が使っているお薬の事を知り(もちろん病気の事もですよ)、学んでいく事で高度な医療が実現するのです。

関連記事

  1. 薬の正しい使い方

  2. 散剤・水剤監査システムについて

  3. 糖尿病治療薬を使用中の方へ

  4. ホームページをリニューアルオープンしました!

  5. 注意の必要な薬

  6. 初回問診票について

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP